メニュー

感染対策・発熱外来

新型コロナウイルス感染症対策

1. 受診される患者さんへのお願い

必ず下記についてご協力ください

  • マスク着用
  • 手指の消毒や手洗い
  • 咳エチケットや他の患者さんとの距離を保つ
    必要時、我々医療従事者も発熱や咳などの感染の可能性がある患者様の診察にはマスクやフェイスガード、手袋などの防御をして診察致します。

2. 当院の感染対策について

  1. 徹底的な消毒、空気清浄機の使用
  2. 時間分離
  3. 空間分離
1. 徹底的な消毒、空気清浄機の使用
  • 待合室・診察室・隔離室に高性能の空気清浄機を設置
  • 定期的な換気
  • 手指消毒用アルコールを院内各所に設置
    院内入口、受付カウンター、診察室、トイレ、隔離室入口など
  • 待合室の椅子や手すりなどの消毒を定期的に実施
クリーンシステム35M(病医院専用高性能空気清浄装置)待合室・診察室に導入

0.01ミクロン程度の
汚染物質を取り除く

 

集塵ユニットによりインフルエンザウイルス、花粉、PM2.5など0.01ミクロン程度までの微小な浮遊汚染物質を取り除きます。

フィルターとユニットで
きれいな空気

 

①プレフィルター:汚染空気中の粗塵を除去します。
②集塵ユニット:汚染空気中の微粉塵を帯電し、吸着させます。
③殺菌灯:集塵ユニットに付着した浮遊菌に紫外線を照射し、その付着菌及び浮遊菌を除去します。
④光触媒フィルター(酸化チタン):光触媒フィルターが表面に光(紫外線)を照射すると、活性酸素種が発生し、抗菌作用で浮遊菌を除菌・悪臭の分解を行います。

空気循環式
紫外線清浄機

 

強力な紫外線でクリーンな衛生環境をつくります

2. 空間分離
  • 徹底的な院内トリアージ:来院された患者さん・付き添いの方の体温や症状をチェックし、発熱や症状のあるかたは、一般患者さんと接点がないよう車内での待機・隔離室での診察を行います。発熱や感染症を疑う症状の方の診察の場所自体を完全に分けて行います。
  • インターネットで時間帯予約、さらに来院前にWEB問診を入力して頂くことで、受診前に発熱などの症状の有無を確認し、院内滞在時間をできるだけ短くしています。
3. 時間分離
  • 発熱や感染症を疑う症状の方の診察を一般の方と時間帯を分けて診察しております

診療時間

診療時間
一般外来 9:00
~11:30
9:00
~12:30
9:00
~11:30
9:00
~11:30
9:00
~11:30
9:00
~12:00
発熱外来 11:30
~12:30
11:30
~12:30
11:30
~12:30
11:30
~12:30
12:30
~13:00
新型コロナ
ワクチン接種
(完全予約制)
14:30
~15:30
14:30
~15:30
14:30
~15:30
14:30
~15:30
12:00
~12:30
一般外来 15:30
~18:00
15:30
~18:00
15:30
~18:00
15:30
~18:00
診療の受付時間は 午前9:00~12:15 午後15:30~17:45となります。
土曜日 午前のみ 9時~12時45分 (診療終了15分前まで)

*院長は日本医科大学千葉北総病院にて隔週・呼吸器内科専門外来診療を行っています
今後の状況により診療時間や体制の変更がありえますので、ホームページを確認の上、ご来院ください。

休診日 火曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日 (当面、第4火曜日は終日休診とします)

 

(1)一般外来(非感染者の外来)

院内でのウイルス感染を心配せず、安心して受診していただける時間帯です。非感染者の受診専用と致しますので、熱のある方は受診できません。ご理解のほどお願い申し上げます。

  • 月曜日・水曜日~金曜日:9:00~11:30
  • 火曜日:9:00~12:30
  • 土曜日:9:00~12:00

(2) 発熱者の外来

  • 月曜日・水曜日~金曜日:11:30~12:30
    火曜日はございません
  • 土曜日:12:00~13:00
対象となる方
  • 持続する発熱(37.5℃以上)および呼吸器症状を訴え肺炎を疑う方
  • 帰国者・接触者
  • その他、何らかの症状がありPCR検査が必要な方
受診する際の注意点
  • 必ず、事前に上記時間帯のインターネット予約、さらにWEB問診の入力をお願いします。直接来院された場合、また同時間帯以外に来院された場合には、診察できない場合があります。
  • 今後の状況により診療時間や体制の変更がありえますので、ホームページを確認の上、ご来院ください。
  • ご来院後はクリニック指定の駐車スペースに停車し、クリニック0476-37-6700までご連絡ください。(その際に、お名前、車の色・ナンバー、停車位置、車で座っている位置を確認させて頂きます)車内で待機していただき、乗車したまま新型コロナ(インフルエンザ)の鼻咽頭拭い液ないし唾液の抗原/PCR検査を行います。新型コロナウイルスの抗原/PCR検査、インフルエンザの抗原検査については、医師の判断で行います。あくまでも診療の一環として行うものですので、「検査を受けたいから」という患者様の希望で行うものではございませんのでその点をご了承ください。
  • 必要に応じて、血液検査や胸部レントゲン・CT検査を追加して実施します。
  • 原則的に車でのお会計(現金のみ)となります。
新型コロナウイルス抗原検査・PCR検査について

*COVID-19に今、かかっているかをみるための検査には、

・PCR検査(鼻腔・鼻咽頭ぬぐい液・唾液)と

・抗原定性簡易検査(鼻腔・鼻咽頭ぬぐい液)の2種類が一般的に実施されています。

*抗原定性簡易検査は、鼻の奥に綿棒を挿入する方法、いわゆるインフルエンザの簡易検査の際と同じ方法を行います。15~30分ですぐ結果が出る簡易検査ですが、ウイルス量が非常に多くないと検査が陰性になることが多く、新型コロナを疑う症状のある場合でもその感度は40~50%ほどとされ、「偽陰性」が多い検査です。

*PCR検査は、鼻咽頭ぬぐい液検体と唾液検査でも検査ができ、その結果にそれほど差がないとされています。新型コロナを疑う症状のある場合で感度は70%ほどといわれております。

当院ではPCR検査は、外部の検査機関に依頼しており、結果が出るまでには1~2日ほどかかります。検査翌日夕方17~18時前後、ないしは翌々日午前中に、遅くても検査の3日後には、「陽性」「陰性」に関わらず電話で結果をお伝えしております。(間に祝祭日が入る場合には、その限りではございません)

また、結果の用紙をご希望の場合は、検査結果用紙を後日クリニックでお渡しすることができます。

・検査終了後は、マスク着用・手指消毒など感染防止対策を行ったうえで、速やかに自宅に戻って頂きますようお願いします。PCR検査結果が出るまでは、感染していることを前提に、外出禁止・自宅待機となりますのでご注意ください。

【検査結果について】

・陰性の方:PCRの精度は、検査する時期と発症時期により陽性率が異なります。過去のデータでは、発症日で94.39%、発症10日後で67.15%、発症31日後で2.38%です。従いまして、偽陰性(新型コロナウイルス感染症にかかっているにも関わらず検査結果が陰性となってしまう)となる確率もあります。

・陽性の方:PCR検査の結果が陽性の場合は、当院から保健所への報告が義務付けられており報告させて頂きます。

新型コロナを疑う症状のある場合には、抗原定性簡易キット検査が陰性、またそれよりもやや感度が高いPCR検査の結果が陰性でも感染は完全には否定できません。

自費診療

新型コロナウイルスPCR検査

当院では無症状の方を対象として、自費診療でのPCR検査・抗体検査を実施しています

検査費用

20,000円(税込)

検査方法

唾液を専用容器にためていただきます。

注意事項
  • 採取直前のうがいや飲食、歯磨きは避け、濃い口紅はつけないようにお願いします。
  • 検査にて陽性と判明された場合は、感染症法に基づき当院より保健所へ連絡を致します。

新型コロナウイルス抗体検査(SARS-CoV-2 IgG II Quant抗体)

検査費用

5,500円(税込)

検査方法

血液検査を行います。1週間後を目途に結果を郵送いたします。

新型コロナウイルスのワクチンのしくみ

mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンでは、ウイルスを構成するタンパク質の遺伝情報を投与します。その遺伝情報をもとに、体内でウイルスのタンパク質を作り、そのタンパク質に対する抗体が作られることで免疫を獲得します。

 

抗体検査で調べられること

抗体はウイルス構造のいくつかの部位に対して産生されます。本検査(IgG抗体 (S))では、S蛋白に対する抗体をどれくらいもっているのか調べることができます。本検査を受けることで、ワクチン接種後、どの程度抗体価が上がったのか(どの程度コロナウイルスに対する抵抗力がついたのか)を確認していただくことが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

ワクチン接種後にウイルスに対する免疫を獲得できているか確認したい方へお勧めします。

*現在感染しているかどうかの診断にはなりません。

*無症状の方を対象にして実施しており、風邪症状のある方には実施しておりません。

*2回目のワクチン接種から28日後以降に外来にてご相談ください。

*抗体を保有していることで感染から完全に予防することを保証するものではありません。

 また検査の結果、抗体価が十分でなかった場合でも、ワクチンの追加接種は推奨されていません。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME